不可解な定額小為替の手数料

郵便局の窓口にて

戸籍抄本が必要になった。本籍のある市役所のウェブサイトで郵送請求の方法を調べると「手数料450円分の定額小為替を同封の上」とある。で、近所の郵便局に出向いた。

私:「450円分の定額小為替を下さい」
局員:「10月より手数料が変わりまして・・・」
(少し間をおいて)
局員:「400円と50円の2枚より500円1枚の方が手数料込みですとお安くなるのですがどうなさいますか?」
私:「???」

この説明でパッと理解できる人はどれくらいいるのだろう? 私は分からなかった。

私:「450円請求されているので450円分の定額小為替を下さい」
局員:「分かりました。では手数料は200円となりまして。。。」
私:「200円?」
局員:「ええ、申し訳ないのですが手数料1枚100円頂戴しておりまして。ごめんなさい」(と、唐突に謝られる)

以前は1枚10円だった手数料が10月から100円に値上げされ、その結果、450円分の定額小為替購入だと計650円(450円+手数料100円×2枚)かかるのが、500円分だと計600円(500円+手数料100円)で済むという逆転現象が生じるらしい。

局員:「戸籍取り寄せですよね?」
私:「はい」
局員:「お釣の50円を返金してもらえるかどうかは自治体さんによって対応がまちまちなんですが。。。」
私:「分かりました。じゃあ500円下さい」

とりあえず戸籍抄本取り寄せに必要な定額小為替は準備できた。でも50円の不合理な出費は納得できない。

ynk.jpちょっと気になった話不可解な定額小為替の手数料
2007.12.21公開, 2008.11.15リンク切れ修正
だんな@ynk.jp