ミステリー小説 読後の一言(は行作家)

東野圭吾

悪意
読後の一言 「東野圭吾ミステリーの最高峰」 ★★★★
氏のミステリー最高傑作であろう。ミスリードの手順が鮮やか過ぎて唖然とするしかない。どんでん返し好きの人にはお薦め。ただ、そこまでやるのか? という思いが消えず、読後感は悪い。
怪しい人びと
読後の一言 「短編集のお手本のような一冊」 ★★★
読み易く、それでいて奥の深い短編集。日常生活に潜む闇をさらっと暴き出すテクニックは秀逸。いずれもあっと驚かされるラストが準備されている。読み返す程に気持ちを揺さぶられる「甘いはずなのに」が傑作。
美しき凶器
読後の一言 「救いの無いリアルなストーリー」 ★★★
トップアスリートの暗部を抉り出す怪作。恐怖を感じながらもスリリングな展開に途中で投げ出すことが出来ず、最後まで一気に読破。救いに乏しく後味はかなり悪い。
おれは非情勤
読後の一言 「手抜き無し」 ★★★★
「おれは非勤」という言い得て妙のタイトルセンスもさることながら、小学生相手(本短編集は小学生向け雑誌に掲載されていたもの)でも一切手抜きせず物語を描き切る氏の姿勢に頭が下がる。
怪笑小説
読後の一言 「暇つぶし用」 ★★
恐くてちょっと愉快で、でもすぐ身近に居そうな人間達の物語。着眼点は良いのだがストーリー展開にキレが無い。空いた時間にちょこちょこ読むには丁度良い短編集。
ゲームの名は誘拐
読後の一言 「絵空事」 ★★
狂言誘拐を犯人側の視点のみで描くミステリー。さすが東野圭吾、一気に読ませてくれる。ただインターネット&メールの扱いがあまりに幼稚過ぎて、どっちらけ。どんでん返しのラストも不完全燃焼。犯人側の視点にこだわり過ぎたかも知れない。
黒笑小説
読後の一言 「寒川先生のモデルって。。。(汗)」 ★★★★
「怪笑」「毒笑」「黒笑」3部作の中では、ネタ選び&笑いの質共に抜きんでた存在。特に文壇の裏舞台を皮肉たっぷりに描いた前半4作品は、自虐ネタ満載で大いに楽しめる会心作。
さまよう刃
読後の一言 「強い意志を感じる問題作」 ★★★★
本作はミステリーではない。娯楽作でもない。被害者の父親による加害者への復讐劇。本作を読んだ多くの人が「復讐」という行為を肯定的に捉えることになるだろう。現実を無視した少年法の在り方に対する氏の強烈なメッセージが伝わってくる。
殺人現場は雲の上
読後の一言 「おいおい、タイトルちゃうやん」 ★★★
飛行機の中では1件も殺人など起きていないのに、どうしてこのタイトルなの? というのが最大のミステリー。軽く読めるどうってこと無い一冊だが、エー子・ビー子のキャラは魅力的。
卒業 − 雪月花殺人ゲーム
読後の一言 「まわりくどい」 ★★
最初読み終えた時にカードトリックの種明かしが理解できず、二度目読んでも何となく分かったような気分になっただけ。三度目読む気にはなれず、結局、トリック不明のまま放置された一冊。若き加賀恭一郎が登場。
探偵ガリレオ
読後の一言 「理科系出身作家の本領発揮」 ★★★★
難事件を科学の観点から解き明かす・・・よくあるパターンにも関わらず本作品が成功したのは、科学者が主人公という、ど真ん中ストレートの設定が功を奏したからであろう。やや強引な事件が多いが、科学がメインの短編集としてはそれくらいが丁度良い。
探偵倶楽部
読後の一言 「無機質」 ★★
VIP専用の調査機関「探偵倶楽部」が難事件を解決する短編集。探偵は黒子に徹し氏名も明らかにされない。その設定自体は面白そうに思われたのだが、探偵の人間描写が削ぎ落とされたミステリーは実につまらないことが判明。
超・殺人事件 推理作家の苦悩
読後の一言 「東野圭吾だから書ける」 ★★★★
出版業界を木っ端微塵にする核弾頭ブラックユーモア短編集。売れっ子作家だからこそ許される暴挙。しかし、言いたいことをきちんとミステリーに仕立て上げる手練に誰も文句は言えまい。理科系(だと信じていた)の私には「超理系殺人事件」が大ショック(汗)
手紙
読後の一言 「重い」 ★★★
「犯罪者の家族」が直面する問題を赤裸々に描き切る野心作。東野圭吾の持論と思われるくだりが随所に現れる。ラストにミステリー作家らしい仕掛けが準備されているが、本作自体はミステリー小説では無い。
天使の耳
読後の一言 「面倒臭い(汗)」 ★★★
交通事故をテーマにした短編集。表題作は盲目の少女があっと驚く方法で事故原因を証明するのだが、その過程の数字が少々細かく読んでて疲れる(汗) とはいえ、ひねりが効いた秀作であることは間違いない。
同級生
読後の一言 「青臭さの残る青春小説」 ★★★
ミステリー小説か? と問われれば微妙。謎解きよりむしろ、主人公の内面描写に重きが置かれた青春小説という感が強い。余韻を残すラストの一行は秀逸。
時生
読後の一言 「ラスト一行へ繋ぐ壮大な物語」 ★★★★
氏の代表作「秘密」と同じく、SF的要素を取り入れて家族愛を描く本作品。ミステリー色は薄く、序章だけで話の展開が読めてしまうのだが、それは恐らく計算尽くなのだろう。分かっていても一気に読み通し、最後に涙する。40歳前後の父親にはたまらない一冊。
毒笑小説
読後の一言 「笑えない」 ★★★
「怪笑小説」に続くブラックお笑い短編集第2弾。しかしネタがあまりに切実過ぎて笑えない。笑いを期待しなければ「つぐない」が傑作。切なさに胸が痛くなる。本作をこの短編集に閉じ込めてしまうのは実に惜しい。
どちらかが彼女を殺した
読後の一言 「インターネット検索しなくちゃ」 ★★★
犯人は明示されず、読者が与えられた情報から推理する異色作。巻末に「推理の手引き」と題した袋綴じが付いているのだが、実はここにも解答は記載されていない。じっくり読み込む必要がある。軽めが好みの人には不向きかも。
パラレルワールド・ラブストーリー
読後の一言 「トリック先行」 ★★★
冒頭の平走する電車シーンは映画「星空のむこうの国」(原作:小林弘利/監督:小中和哉)を髣髴とさせる。映画も本作もSFと恋愛をうまく絡めた点で評価に値するのだが、本作はややトリックが先行し過ぎ、人物描写がおざなりになったようだ。
秘密
読後の一言 「重いタイトル」 ★★★★★
最後のページを読み終えた瞬間、涙の出ない悲しみと共に、総毛立つような恐怖を覚えた傑作。ラストシーンの評価は人それぞれだろう。タイトルの意味するところは想像以上に深い。
分身
読後の一言 「先見の明が光る意欲作」 ★★★
1993年(上梓)にして、この科学ネタをミステリーへ取り入れた意欲作。タイトルでストーリーの肝の部分が容易に想像出来てしまうのたが、「鞠子の章」と「双葉の章」に分けて展開させることによりサスペンス的な要素がうまく引き出されている。
変身
読後の一言 「ネタに溺れた駄作」 ★★
脳移植をテーマに据えた移植、もとい、異色ミステリー。人格とは何か? 脳移植手術は許されるのか? 臨床研究はどう在るべきか? 論点は幾つも用意されていたのに全てが中途半端な結論。脳移植というテーマ設定だけで満足してしまったかのようで物足りない。
むかし僕が死んだ家
読後の一言 「広がりを感じるシンプルな舞台設定」 ★★★
登場するのは1軒と2人。たったそれだけの舞台に張り巡らされた伏線が実に巧妙。途中でトリックに気が付いてしまったが、最後まで一気に読み通せたのは、本作が単にトリックのみの小説では無い証拠。
名探偵の掟
読後の一言 「マゾ」 ★★★★
ミステリー小説の登場人物が、ミステリー小説のお約束を暴露しつつ自らの役割を演じ続けるという、半ば自虐的趣向に走った会心作。行間からは、掟に縛られながらも新作を世に送り出し続けなければならない作家の悲哀が漂ってくる。
名探偵の呪縛
読後の一言 「作者の思いが伝わる一冊」 ★★★
「名探偵の掟」の続編作。「本格推理」という概念の無い世界へ迷い込んだ探偵・天下一が繰り広げる謎解きを通じて、作者の本格推理に対する思いが伝わってくる。作品の良し悪しは別として、東野圭吾を知りたい時に読むべき異色作。
容疑者Xの献身
読後の一言 「トリックは秀逸」 ★★★★
意表をつく見事なトリック。しかも物語の要所要所で手掛かりが読者へ提示されており、ミステリー小説としては最高傑作と呼ぶに値する。ただ動機面の描写が弱く、「献身」の必然性が感じられないのが難点。
予知夢
読後の一言 「凝り過ぎ」 ★★★
ガリレオシリーズ第2弾。前作に続き、難事件を科学の観点から解き明かしているのだが、オカルト的な題材も含めややマニアックなネタに偏向し過ぎた感が否めない。科学的にはこんな可能性もゼロではありませんという題材はミステリー小説としては厳しい。
私が彼を殺した
読後の一言 「またインターネット検索しなくちゃ」 ★★★
前作「どちらかが彼女を殺した」同様、読者が与えられた情報から犯人を推理する異色作。巻末の袋綴じ(推理の手引き)を読んでも犯人が分からない私はアホなのか?(涙) ミステリーファンにとっては避けては通れない一冊。
このページの位置
ynk.jpミステリー小説 読後の一言は行作家
2009.3.29公開, 2009.6.7追加
ぐ〜たらだんな